不動産トラブルに強い弁護士なら弁護士秋山直人

底地を買い取りたい

 

地主から底地を買い取れる?

 
借地契約が長期間に及ぶ場合,地主としては,地代の支払を受け続けるよりも,底地を第三者や借地人に買ってもらって借地の管理の手間から解放されたいと考えることもあります。
 
そのように地主が考えているタイミングであれば,借地人が地主と交渉して,地主から底地を買い取ることも可能となります。地主から底地を買い取れば,完全な土地所有権を手に入れることができ,借地の場合と比べて財産的価値は高まります。
 

底地の買取価格について

 
底地の買取価格は,通常,「更地の時価×(1-借地権割合)」という形で算定することが多いといえます。
 
更地の時価については,不動産業者に査定書を求めたり,不動産鑑定士に意見書・鑑定書を求めるなどして,取引事例比較法等によって算定します。
 
借地権割合は,国税庁の路線価図における借地権割合が基本となります。
 

等価交換について

 
借地が広く,地主の自己所有地に隣接しているような場合には,地主と借地人との間で交渉して,借地を分筆し,借地権割合に相当する部分を借地人の単独所有とし,底地権割合に相当する部分を地主の単独所有とするために,分筆後の土地Aの借地権と,土地Bの底地権とを等価交換する,といった手法もあります。
 

底地の買取交渉を弁護士に依頼するメリット

 
底地の買取交渉は,更新時などに借地関係の解消策として顕在化することもあります。通常の土地の購入と比較して,法律的な問題がからんできます。底地買取交渉を弁護士に依頼することで,地主と借地人との間の感情的な行き違い等をひとまず措いて,法的観点から,冷静で客観的に合理的な線での解決を目指すことが可能となります。また,交渉に伴うストレスも軽減できます。
 
底地買取交渉をお考えの際は,不動産に強い弁護士に相談することをお勧めいたします。

不動産トラブルは不動産に強い弁護士へ

初回60分以内の無料相談実施中

03-3580-3269

24時間受付中 メールでのお問い合わせ